英会話講師の中には、フィリピン人やインド人の講師が担当をすることもあります。

講師について

講師がどのような人なのであるか、オンライン英会話を受講する時にはやはりに気なるでしょう。
よりネイティブに英会話をマスターしたいと思っているのであれば、外国人講師のもとでレッスンを受けた方が良いでしょう。
ところで外国人講師のもとで、英会話のレッスンを受ける場合、いろいろな国の講師がいることを理解しましょう。
オンライン英会話の中でも、授業料が安い所が結構あります。
このようなスクールを見てみると、フィリピン人やインド人の講師を使っている所も少なくありません。
ところで、フィリピン人やインド人の英会話のスキルはどのようなものなのでしょうか?
まず安心していただきたいのは、インド人でもフィリピン人でも、基本的に英語を母国語にしている人を講師にしています。
ですから、英会話のスキルについては、それなりのレベルを有していることは確かです。
フィリピン人の講師ですが、一般的に見て英会話ですが分かりやすいクリアな発音をする人が多いと言われています。
日本ではあまりイメージが薄いかもしれませんが、フィリピン人は世界で3番目に英語を話す人口が多い人種と言われています。
なかには、アメリカ人のカスタマーサポートの担当をフィリピン人に任せるということもあるくらいです。
ですから、アメリカ人の講師と同等の実力を持っていると思ってもらって構いません。
インド人についてですが、母国語としてペラペラに英語を話す人であっても、多少独特の訛りが残っている可能性があります。
インド人のなまりについてですが、個人差が激しいです。
ある人は、アメリカ人やイギリス人が話しているのとあまり変わらないようなイントネーションで会話をする人もいます。
しかし一方で、結構なマリのきつい人もいることはいます。
だからと言って、インド人にレッスンをつけてもらってもマイナスになってしまうかと言うとそうでもありません。
むしろほかの部分で、インド人は英会話講師として向いていると見る向きがあります。
押し並べてインド人はまじめな性格の持ち主である人が多い傾向があります。
そこで、自分の生徒に対してきちんと英会話をマスターさせてあげたいという気持ちで接してくれることが多いです。
またすべての人が、鉛のないクリアな英語を話してくるとは限りません。
結構ヨーロッパの人で、目鼻立ちはアメリカ人やイギリス人と変わりないのに、英語が母国語ではない人の中にはどぎついなまりの英語を話してくることもあります。
訛りになれるのも国際人として活躍するために必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2018今日から実践?!英会話上達のカギはこれ!.All rights reserved.